認知症を学ぶ会トップ 




新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 10 件の記事 ] 
作成者 メッセージ
 記事の件名: フェルガード類 特徴 使い方 副作用
投稿記事Posted: 2009年8月23日(日) 19:58 
医師(精神科)

記事: 360
 この掲示板にはフェルガード類を使ってのコメントが沢山あります。

フェルガード類の印象としては 「情緒を安定させていく。」

一時的に記銘力の改善があるにしても記銘力そのものの改善はそれ程期待できず
MMSE 或いはHDSRなどのテストの点はどんどん低下する
しかし情緒の安定は継続する。

ガーデンアンゼリカの含有量の調整によって時にみられる興奮をコントロールする
嚥下障害にはガーデンアンゼリカの含有量の多いNEWフェルガードのみが効果がある

*************************
副作用としては時に下痢等あるようです
以下の文は投稿から抜き書きしたものです。

コメント:フェルガードも試しましたが粉末だったので、嫌がって続かなくて。
最近は排泄の失敗が増えて、母に負担がかかっています
2009年6月15日

回答:フェルガード類はゼリーなどに溶かしてもだめ、暖かい甘めのレモネードなどに混ぜてもダメだったのでしょうか?(介護者)

また下痢については   トピック:フェルガードに切り替え から

「フェルガード服用して1ヶ月、アリセプトを0.625mgに減量して2週間。母は手の震えが多少はあるものの、大人しいくらい穏やか。便秘が心配で便秘薬を飲ませれば下痢、一時期治まったのですが、今度は今日下痢便失禁2回・・・フェルガード服用でも下痢になるとの事、一時的な食あたりによる下痢ならいいが、今はビオフェルミンを飲ませて休ませている。」 (2009年4月12日)

回答
「フェルガード100でも便が若干ゆるくなることが稀にあるが、服用1ヶ月以上たってから突然出現することは、まずない。心配なら、暫時、減量はかまわないと思いますが、おそらく直接の関係はないでしょう。」(2009年4月12日)


**懸念がある場合には一旦中止して経過をみるのも一つの方法でしょう 


最後に編集したユーザー kappa【医師】 [ 2010年4月04日(日) 00:26 ], 累計 1 回

ページトップ
  
 
 記事の件名: Re: フェルガード類 特徴 使い方 副作用
投稿記事Posted: 2009年8月31日(月) 20:23 
医師(精神科)

記事: 360
 フェルガード類の構成 :
ガーデンアンゼリカの一包みあたりの含有量で三種類に分かれている

一包みあたりの含有量
1・Newフェルガード    :フェルラ酸100mg+ガーデンアンゼリカ100mg
2・フェルガード100M    :フェルラ酸100mg+ガーデンアンゼリカ20mg
3・フェルガード100Mハーフ :フェルラ酸100mg+ガーデンアンゼリカ10mg

ガーデンアンゼリカが活動性を高める。これはしばしば興奮となるために、ガーデンアンゼリカの量によって分類されている

ガーデンアンゼリカの量は少なめから開始し、徐々にガーデンアンゼリカをふやすのが安全な使用方法
基本は朝夕一包ずつ。

慎重にするのであればフェルガード100Mハーフ朝一包から始めて徐々にふやし、適量を探るということになる。
興奮がなく活動性が低下している場合には当然Newフェルガードから始めてよい。

嚥下障害に使う場合には new フェルガードでないと効果がない。

問い合わせ先
株)グロービア
http://www.glovia.net/


ページトップ
  
 
 記事の件名: Re: フェルガード類 特徴 使い方 副作用
投稿記事Posted: 2009年9月01日(火) 22:19 
医師(精神科)

記事: 360
 フェルガード著効例:::物忘れはひどいが、気配り上手:::

アリセプト使用歴なし。 グラマリールを経て今はフェルガードだけで普通の85才のおばさん? 

要介護5の脳梗塞の父と母85才 を離島で介護 母は60代はじめに、うつ病で入院歴あり。うつ・暴言暴力・妄想と認知症の激しい陽性症状を呈し
私は父を看ながら一日中母の陽性症状と戦う日々。認知症と診断され、抗ウツ剤・抗不安剤を飲んだが、改善の兆しなく、
薬を半年近くかけて(無謀にも)自己判断で止めた。止めると、陽性症状が幾分おさまり、デイサービスも利用できる。
少しすると、うつ状態がまた顕著化しだし、寝起きの機嫌が悪くなり、デイサービスも休むことが増え、グラマリールを処方してもらう。
数日で妄想は消え、穏やか。そのグラマリールを半年弱かけて断つ。妄想なし!を確認し、4月からフェルガード100を服用、
4ヵ月後には、「あんたが憎い!」「全てあんたのせいだ!」と暴言暴力の母は、娘の私を一番に考える気配り上手。
食事の後片付けは自分の仕事と決め、お魚をさばき得意の料理をてきぱきと作り、大声で笑い、冗談をいい、理論的な発想で物事を考える。
ときどきうつ状態が出るが、Newフェルガードの量を調節すると元気が復活 母はアリセプト服用歴なし。

フェルガードの経過
フェルガード100で地固めしてNewフェルガードに変更。
Newフェルガードに変更した時は「興奮状態?」と感じることがあり、フェルガード100に少量のNewフェルガードを混ぜた。
2ヵ月後にはNewフェルガード1包でも興奮が起こらなくなり、約3ヵ月後Newフェルガード1日2包もOK。
今は、一日(朝昼)Newフェルガード・2包(夜)フェルガード100・1包 

短期記憶はかなり落ちているが、穏やかでとても素直。アリセプトは最後の一手として、大切な虎の子
経験から、フェルガードはある程度体内蓄積されると思う。
(トピック フェルガードで改善した母!! ちゃー 2008年11月10日~)

フェルガードで顕著な改善といえるのは、情緒面でした。今は、娘の私だけでなく、デイやショートのお仲間にも、あれこれと気配りができています。でもさっきのことも忘れてしまう(2009年3月26日 ちゃー) 


ページトップ
  
 
 記事の件名: Re: フェルガード類 特徴 使い方 副作用
投稿記事Posted: 2009年9月05日(土) 19:51 
医師(精神科)

記事: 360
 フェルガード著効例 その2

75歳 女 2008年3月3日 アルツハイマーと診断 HDS-R20点  3月28日~Newフェルガードのみ使用中

2007年5月認知症の兆し 2008年に入り急速に悪化。「何しにこの部屋にきたんだっけ?]通帳を時々探す。
ひんぱんに同じ事を繰り返し聞いたり話したり。保険証紛失 再交付。「セロテープを頼んだら「セロテープって?」と聞く。
2008年2月「通帳がない!最近探し物ばかり。疲れた。死にたい。」と泣く。泣く事はほとんどなかった人。
薬飲んだか?と聞いたとたん「私を監視して!!」と怒鳴った。
3月 3日「物忘れがひどいので病院へ行きたい」そして医師に「アリセプトの効き目は数年、いずれは寝たきり」と。母は泣き出した。
3月 4日 フェルガード開始。
3月22日 一緒にお墓参り。車中で「これから何しに行くんだっけ?」と。 
3月28日 薬の飲み忘れが多い。朝アリセプト・朝・晩フェルガードを使いわけられないと判断、アリセプト中止 
4月14日 スーパーで出口を間違えた私に「そっちの出口じゃないわよ。」と私を誘導。 靴屋を覚えていた。 
5月29日「美容院へ チラシを見て自分で予約をして地図を見て行った。」
7月 1日 郵便局に行く途中「何しにいくんだっけ?」
8月18日 私が代金を立て替えていたが、忘れていた 母から電話で「立て替えてもらっている代金を払うので来て欲しい」と言われ、行くが話がはずみ夕方帰ろうとした私に母が「何しにきたの? 清算しにきたんじゃなかったの?」と言われる始末。
9月 6日 通帳がみつからない。途中で「私何を探してるんだっけ?」。やっとみつかり1時間ほどお茶を飲み帰り際に
「通帳見つかってよかったね」と言うと、母は「えっ通帳なくしたんだっけ?」???
10月7日スーパーで「ここの洗剤は高い。Bスーパーは○○円だった」と言った

2009年6月現在 朝と夕 NEWフェルガードのみ。約1年安定継続。
①メモも見ずに暗証番号を入力し預金の引き出し。
②2種類の料理を同時進行で作る。
③腰の悪い父の身の回りの世話をきちんとこなす。
⑤自宅の修理等を自分で業者に依頼・・・日常生活以外で大切だと思うことは話の内容や金額等忘れない。
⑥日時や曜日はきちんと把握。

気になる点
①冷蔵庫に同じものがはいっている。
②私が電話した事を覚えていないことがある。・・・
③自分の物忘れを自覚し、落ち込むことがある。
④同じ話を繰り返す事が時々ある

家族以外のかかわり〔自治会・修理依頼・近所の人との約束等〕は覚えています。
自分の中で大切な事と判断し、緊張感を持って接する事は忘れにくいようです。
(2008年11月26日~ yorimichi  トピック:Newフェルガードによる改善報告) 


ページトップ
  
 
 記事の件名: Re: フェルガード類 特徴 使い方 副作用
投稿記事Posted: 2009年9月21日(月) 23:46 
医師(精神科)

記事: 360
フェルガード著効例 その3

パンドラさんの両親  トピック:正しい診断とフェルガード100で奇跡の改善をしています  他から  (本文は投稿者検索で「パンドラ」)

女 2005年80歳でアルツハイマー型と診断 現在の診断ピックミックス(ピック病+小さな脳梗塞)特養入所中

きっかけ:「何だか変な感じで、固有名詞が出てこない。近所の人の名前が出てこない。」と言い出した。そのご2002年ごろにうつ状態(当時わずかな脳の委縮)1年ほどで改善
認知症の芽は異様な表現、夫婦喧嘩の最後に変な言葉(音)。「けっ」と言った。良いところの奥様ふうな人の「けっ」という表現はあまりにも異様。
生活態度の変化 はだしで庭を歩く、それよりずっと以前でも、時にエプロンをひきずったような、だらしない格好で外を歩いた。ごみの出し方が変になり、分別の仕方を紙に大きく書いたが、その紙を見ず、めちゃくちゃになった。その後はあれよあれよと進行。(2008年12月17日)
アルツハイマーと診断後アリセプト5mgを飲み続け、食べ物に異常な執着を見せ、ことに甘いもの、ジャムひとビンとかを抱えた。その後胃潰瘍で吐血し、入院、退院後に異常な興奮状態で2007年8月にピック病と診断、アリセプトを中止。その時は感情失語、意志疎通は不能、異常な興奮。
2007年10月施設入所 入所当時は夜間眠れないと、トイレを探して部屋を出る。他の人の部屋に侵入してそこで排泄。止められれば暴力。自室でもごみ箱に排泄。夜間眠れず、朝無理に起こされると、介護士さんを殴る、ける、かみつく。朝の着替え、リハパン交換は介護士さん、ふたり体制。
そのころは、セロクエル25 1錠、抑肝散3包、レンドルミン4/1錠、フェルガード100 2包からスタート。抑制系の薬は徐々に減らし、フェルガード100は徐々に増やし、最終的には8か月目くらいで、抑制系の薬はなし。介護抵抗は徐々に治まった。
フェルガード100現在6包/日。情緒は落ち着き、新しい命を取り戻したかのよう。
ピック病で大興奮の人で、NEWフェルガードは怖くて使えない。認知機能がだんだん低下し、最近はおとなしくなってきたので、いつか上手に使いたい。( 2008年11月10日 他)

*****************************************************
男 2007年88歳から治療開始 混合型(アルツハイマー+小さな脳梗塞)在宅。

きっかけは、同じ事を何回も聞く、同じ事を何回も言う、物が無くなって始終探し物をする、他は普通。少しづつ悪くなる。
何年か経って、ある日突然、父が母に私(娘)を指さして、「この人のダンナはいつ盗むかしれん。手癖が悪い大悪党なんだよ。盗癖がある。」と言い出した。
「認知症なんだ。」と断定した瞬間。その後2年くらいの間に、物盗られ妄想はどんどん激化、娘の私は一番の標的で、「盗んだ」と激怒し、何度か首を絞められた。妄想から、一歩も家を出られなくなった。(2008年12月18日)
2007年11月から治療。アリセプトがあわなかったが、2008年2月突然、デイサービスに行く、ショートに行く、母の施設へ出かけることが起きた。妄想は消えた。フェルガード100、2包から始め、現在はフェルガード100、3包+フェルラ酸カプセル1個
物忘れは現在も進行。

アルツハイマーでも興奮性が高く、NEWフェルガードは怖い。認知機能がだんだん低下し、おとなしくなってきたので、いつか上手に使ってみたい。(2008年11月10日 他) 


ページトップ
  
 
 記事の件名: Re: フェルガード類 特徴 使い方 副作用
投稿記事Posted: 2010年8月31日(火) 21:27 
医師(精神科)

記事: 360
ドクターイワタ 【医師】の Newフェルとフェル100Mの考え方

A. Newフェルとフェル100Mの違い
1.フェルラ酸=神経細胞死抑制(アミロイドβの凝集抑制+酸化防止作用)。アルツに有効。
2.ガーデンアンゼリカ=神経再生作用(神経細胞新生作用+神経突起伸長作用)。アルツ以外にも有効。副作用として興奮と下痢。 
3.成分割合(ガーデンアンゼリカの分量で興奮系と抑制系の違いとなる)
Newフェル1包  = フェルラ酸100mg + ガーデンアンゼリカ100mg = 興奮系薬剤
フェル100M1包 = フェルラ酸100mg + ガーデンアンゼリカ20mg = 抑制系薬剤
B. 外来でのNewフェルとフェル100Mの使い方:フェルはアリセプトを凌駕する効果(アリセプトは1年で効果が鈍るが、フェルは2年目以降も効果が持続)。
1.興奮性の少ないアルツ:アリセプト1.5(興奮状態をみながら5mgまで漸増)+Newフェル2包
2.興奮性のあるアルツ、レビー、前頭側頭型: アリセプト1-1.67mg+フェル100M2包
3.興奮性の強いアルツ、レビー、前頭側頭型:抑制系薬剤(グラマリール、セロクエル、抑肝散など)+フェル100M2包
C. 今までの経験から得た特別な使い方
1.前頭側頭型:上記のB-3で開始後1ヶ月程度したら、フェル100Mを漸増して抑制系薬剤の漸減を図ることが可能。フェル100M5包まで漸増し驚くほど穏やか。フェル100Mにより前頭葉の活性が上がるため脳全体に抑制がかかるようになり、抑制系薬剤を減量できると考えられます。
2.興奮性の少ないアルツ:Newフェル3包の強化療法で記銘力がアップして、長谷川式の著明改善がみられた。
3.傾眠傾向が強く、興奮性の少ないレビー:フェル100M2包から、Newフェル2包に変更して、傾眠傾向の著明改善がみられた。
D. Newフェルとフェル100Mの効果と副作用
1.Newフェルの効果:記銘力改善、注意力が上がる(覚醒改善)、興味が広がる
2.Newフェルの副作用と対策:興奮・下痢が出たら1包に減らすかフェル100Mに変更
3.フェル100Mの効果:穏やか(暴言・暴力改善)、表情が豊か(ニコニコ笑顔)、会話が可能(発語増加)、歩行安定、精神的に落ち着く(じっと座る)、顔つきがしっかりする
4.フェル100Mの副作用:頻度は少ないですが、興奮状態になり中止したことがある。(ドクターイワタ 【医師】: 2008年11月13日 )

Newフェルが興奮系で、フェル100Mが抑制系であるという分析はおもしろいと思います。
フェル100Mでも興奮して×1でちょうどよい患者(とくにレビー)は、結構いるので、個々で減らしてみるというアイデアは不変
フェルにしてもアリセプトにしても副作用で驚いた家族がやめてしまうということがあり、減らせばちょうどいいのだ、ということを繰り返し言うべきです。(ドクターコウノ 【医師】: 2008年11月13日)
***********************************

少しふるくなりましたが・・・

ドクターコウノ 【医師】: フェルガード新情報: 2008年11月28日

1)レビー小体型認知症。(MIBG心筋シンチにての確診例)
アリセプト1mg+フェルガード でうつ状態、幻覚の改善が長期続いている方。1年ぶりの脳血流シンチでDLBなので後頭葉血流は低下気味だったが、他の部位は増加していた。フェルガードで脳血流が増えた最初の報告。
2)レビー+脳梗塞の片マヒ。
フェルガード100で著効したが、フェルガード100Mに変えて、効果が長続きするようになったと夫が報告。理論的にはMのほうがlong actingだが、現実に長く効いたという初めての報告。
3)101歳女性。病名不詳 、幻聴、幻視があった。フェルガード100Mを朝0.5、夕0.5飲ませたら、いずれも消失したとのこと。
私はレビーの幻視は、フェルガードではあまり消えないと思っているので、珍しい報告。ただ、この方の幻視の原因疾患は不明。(ドクターコウノ 【医師】)


動物実験(ラット)で、フェルラ酸が脳血流を増加させる、別の研究ではアセチルコリンの低下を抑制するという報告があり、フェルガードによる脳血流や、幻視の改善は、興味深い。(zaqyaq 【医師】: 2008年11月30日)

*最近フェルガード100Mで人の脳血流増加が報告された。 


ページトップ
  
 
 記事の件名: Re: フェルガード類 特徴 使い方 副作用
投稿記事Posted: 2010年9月11日(土) 23:59 
医師(精神科)

記事: 360
  フェルガードはパーキンソン病のパーキンソニズムにも有効か。 こてつ 2009年1月30日
****************************
叔父(67)が先日、パーキンソン(?)の疑いと診断。抗PD薬服用開始後の有効、非有効で、パーキンソン病、症候群又はそれ以外の疾病とセンサリングする段階だろうと推測。
振戦などはなく、背中に僅かの丸みを感じてきたことと、力が入りにくいという症状だけで、その他の症状は特にありません。パーキンソン病類と診断されたとしても極初期の段階と思います。
パーキンソン病であると仮定して。DLBのパーキンソニズムがフェルガードで改善する実例を見ますと、レビー小体が大脳皮質全体に現れるDLBと脳幹に現れるパーキンソン病、同じレビー小体が原因で起きるのならばパーキンソン病のパーキンソニズムにもフェルガードが有効ではないか?。

ヒロシ【医師】: 2009年1月31日
パーキンソン病で起こる神経細胞内の変化とレビーで起こる神経細胞内の変化は、ほとんど同じと考えられています。このためパーキンソン病とレビーは、たまたま同時にまたは多少時期をずらして起こったと考える考え方と、レビーの一症状として、パーキンソン病がおこるという考え方があるようです。後者の考えでいえば、パーキンソン病にもフェルガードは改善効果があると考えられます。
しかし純粋のパーキンソン病には、有効な薬物療法が確立しておりますから主治医の治療を優先したほうがよい
ただしフェルガードを服用しても悪影響はないので飲んでも差支えはないと思います。


ページトップ
  
 
 記事の件名: Re: フェルガード類 特徴 使い方 副作用
投稿記事Posted: 2010年9月19日(日) 00:00 
医師(精神科)

記事: 360
 サプリメント・ANM176・フェルガードについて: 2009年8月22日 の転載

1:ANM176とフェルガード: kappa【医師】2009年8月22日
ANM176は多くの医師によって経過観察し、論文にある程度の効果があることが発表された
フェルガード類はANM176の後発薬品のようなものでほぼ同等の効果があると推定されます
ANM176とNEWフェルガードも基本成分は同じです。
主成分であるフェルラ酸は同じものを同じ量使用し。ガーデンアンゼリカは同じ量を含むが産地が違います。
効果効能の違いは、いわゆる先発医薬品及び後発医薬品という言葉から感じられることとほぼ同じと考えてよい。
基本的には差がないはずだということによってどちらを利用するかは医者もしくは患者の側に任される

2:ANM176の臨床試験結果
ANM176の治験はGeriatric Medicine 12月号に発表。「ライフ・サイエンス社発行」
題名は「Ferulic acid とgardenangelica根抽出物製剤ANM176がアルツハイマー病患者の認知機能に及ぼす影響」
治験の参加医師9名を含む計12名の連名の投稿。 代表は 中村重信
認知症を学ぶ会では 河野和彦 阿瀬川孝治 伊丹 昭 の3名が参加。
対象患者 143名(アルツハイマー型認知症)
検査期間 9カ月
内   服 ANM176×2 毎日 オープントライアル(自然経過は、米国のAD進行モデル、Doodyらのアリセプト継続者の進行度 と比較した)
知能検査 MMSE とADAS-cog 合計4回
他の検査 体重、血圧、脈拍、血液検査
結   果 ANM176の効果がよかったのは、①65歳以上の高齢群、②アリセプト非併用群、③比較的軽度の患者 であった。
アリセプトをやめたほうがANM176の効果がアップするという意味ではない


ページトップ
  
 
 記事の件名: Re: フェルガード類 特徴 使い方 副作用
投稿記事Posted: 2010年9月19日(日) 00:03 
医師(精神科)

記事: 360
3: ANM176の長期効果

ANM176服用9か月までですが、9か月の時点の例えば改善された状況は、服用を続けるとその後どうなっていくのか
77歳の要介護5の妻に、ANM176を服用させて7ヶ月目。当初飲みこみが悪くて食事に1時間もかけていたことがありましたが、すぐにANMを飲ませ始めて2か月で回復し、以後問題なく食事をとっています(完全介助ですが)。病状は安定している。(ポジティブ2009年2月01日)
A:フェルガードの例
タイトル名「母が認知症になって、三回目の正月が来ました」をご覧下さい。
かいつまんで言うとこんな感じです。初期で見つけたはずなのに、氷壁を滑落するように、急速に悪化し、介護する父が入院するようなはめになった最初の一年、そして2年目に突入した頃、藁をもすがる気持ちで、治験と、ほぼ同時に開始したフェルガード類、そして服用後数ヶ月の無反応期間を経て、突然、改善第一段が出現、再びその状態からそれ以上改善しない期間があり、9ヶ月~10ヶ月めで再び、改善第二段が出現しました。
服用9ヶ月~10ヶ月目あたりの改善がピークだという感覚は私も同じですが、その後腰折れしたような感じはありません。フェルガード類服用から約2年たった現在も、服用9ヶ月~10ヶ月目あたりの状態を持続しています。
今も、母は完全自立です。掃除、洗濯、買い物、そして洗い物、すべて自分でこなします。当地はゴミの分別が複雑なので、それだけはできません。今も、シルバーパスを使ってバスを乗りつぎ、体操教室に通っています。
父の介護負担は、今も事実上ゼロのままです。料理はちょっとした煮物とか、炒め物とかしかできませんが、老夫婦の生活でこまることはないはずです。時々ありゃりゃ?これはどこにしまうんだったかな?という顔をしていることはありますが、まあその程度です。
この三年間で日常生活において、母にできなくなったことは一つもありません。(きじとら:2009年2月02日)


4:嚥下障害とガーデンアンゼリカ

嚥下障害は脳の嚥下中枢のドーパミンの働きが悪くなることで起こると言われる。ANM176やNewフェルガードで嚥下障害の改善はほほ100%と河野先生は言っておられました。このことと、フェルガード類で興奮するのはガーデンアンゼリカが脳内のドーパミンの働きを良くすることは間違いないと考えております。
嚥下障害は、ガーデンアンゼリカが多い方が有利だと思いますが、興奮(元気の出すぎ)する傾向にありますので
両者のバランスを見ながら、フェルガード類の選択が必要になる。(2009年2月02日:医師)


ページトップ
  
 
 記事の件名: Re: フェルガード類 特徴 使い方 副作用
投稿記事Posted: 2010年10月25日(月) 01:19 

記事: 146
この掲示板はフェルガードだけの為にあるのではありません。
しかし、フェルガードについてお知りになりたい方が多数いらっしゃるという事も事実です。こういう貴重な報告をまとめて下さったトッピックが後ろの方にありました。  


ページトップ
  
 
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 10 件の記事 ] 




トピック投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可



かんたんキーワード検索

知りたい情報のキーワードをクリックするだけで、そのキーワードが出ている書き込みの一覧が見れます。

病名

対処

薬・サプリ

症状

検索:
ページ移動:  
cron
© 認知症を学ぶ会 All Rights Reserved.
Powered by phpBB © phpBB Group